今からMacねぇ・・・

後輩がこれからを考えてMacに乗り換えようか考えてるとか、

ワタシ的には正気を疑よ〜な相談をしてくる・・・

 

何かたちの悪い洗脳なのか音楽=Macと言う悪い風潮を感じる。

PCはただの道具なので自分が思った挙動をしてくれればメーカーは何でも良いはずなのに・・・

 

HD環境ならともかくネイティブ環境のDAWなら今Macに変えるのは断じてお勧めできない。

 

理由は簡単で明確!

 

アップルが2020頃にまでにCPUをインテルから自社物に変更・・・って事である。

 

これだけだとPC詳しい人にしかわからないだろ〜けど、

CPUが変るとは周辺機器にとっては超絶一大事である。

 

例えば・・・ワタシ愛用のRMEのI/O、

コレは同じWin環境でもインテルCPUのみサポートでAMDはサポート外。

 

そもそもドライバのインスコすら出来ないって話まである。

それくらいハードとCPUの関連性は大事。

 

なので最悪2020年あたりの新型Macやそれ以降は今までのシステム関係、

ソフト、ハード、全て互換性がなくなる可能性があると。

 

そこらへんみんな理解して今Macとか言ってるのかホント疑問。

 

今買ったらインテルだから大丈夫!とか思うかもしれないが、

新型が出たらメーカーは新型にシフトするので、

どの道今のインテルCPUは切り捨てられていくと思わないのかなぁ〜

 

そもそも今の時代HDD一つ自分で変えさせないメーカーとか正気とは思えない。

 

昔32から64への切り替えでWavesが動かなくて対応するまで64環境に移行できなかったとか、

PCの大きな変更で痛い目にあってる経験上メーカーは信用できない!ww

 

だいたいメーカーってのは自社の利益のための改良はするが、

本当にユーザーのために改良・・・なんて事は建前意外ではありえないでしょ。

 

そもそもジョブスのいないアップル製品なんてワタシ的にはゴミ同義語なんだよなぁ〜

 

ってか音楽やるならMac!!とか、

この楽器のEQは何Kで!とか、

ギターはマズ100から下をカット!!とか・・・

思考停止で信じてそれが正しいと感じてる人は物の本質が見えず他人に振り回せて損するだろ〜なぁ〜

まぁ情弱ってのはそ〜ゆ〜もんか。

 

いや、

自分は情弱じゃない!と思わせるメーカーとかの戦略が凄いのか・・・?ww

 

ワタシなんて人には色々知ってますね!と言われるが、

本当に正しいのか?もっと新しい情報はないかと常に考えて色々調べてる。

 

それでも足りない気がする・・・

 

 

By,Otoya


バックアップと再インスコ

今日はプラグインを大量に買い足したのでインスコ→アクティベート→念のためシステムバックアップを。

 

システムバックアップは便利でお手軽だけど100%信用はしていないので、

さらに念のため別のSSDを平行でクリーンインスコからのバックアップを。

 

元々ワタシのPCはプライマリSSDの切り変えで独立した2つのPCとして使ってるので、

(切り替えなので同時起動は当然不可能)

片方をはずしてバックアップを作るのはわりと苦ではない。

まぁ糞時間かかるけどね・・・

 

でも今部屋にPCはノート含め3台あるんでインスコ中は別PCで作業すれば良いだけなんで・・・

”兄貴!戦争は数だよ!!”Byドズル・ザビ かなと。

 

ってか何でPCを切り変えるよに組むかと言うと、

VST環境とAAX環境を切り変えるため。

 

作曲とかはCubaseが便利なんだけど、

スタジオと連携で仕事のファイルを仕上げて納品とかだとプロツーじゃないとキビしので・・・

 

ちなみに前はアイネックスからHDD-SELLって切り変え機が出ていて簡単にデュアルブート環境を作れたけど、

今は生産中止なんで切り変え機は自作しないとである。

(OSを入れた2つのストレージを切り替えるのがデュアルブートで、

1つのストレージにパーテンションを切り複数のOSを入れて切り変えるのはマルチブートね)

 

まぁ電源の切り変えなんで保護回路とか無しの自分用なら3回路4接点のロータリーSWで簡単に出来るので、

わかる人は自分で作るのもアリかなと。

 

保護回路がないので電源ON中切り変えは絶対NGだけど、

まぁそんな馬鹿な言するヤツはっめったにいないでしょ〜

 

 

By,Otoya


ブチ切れちゃった・・・笑

住んでる家の管理会社の馬鹿女がネット回線を変えてください!とか前に言ってきたんだけど、

別にウチは困ってないし変えるのもメンドクサイのでやらないと言ったら何か凄い文句言われた!笑

 

当然ブチ切れるワ・タ・シ!ww

 

だってお願いって話だったのがやらないといけないみたいな言い方に変ってるし、

で、

月に400円ほど安くなるんですよ!とか言ってきたけど、

別にそんなはした金ど〜でも良いわ!と言ってもグダグダ言ってるので・・・

 

ビシっと言ってやった!

 

ど〜せテメーの会社の契約とかの問題だろ?

こっちはんなもん知らんし興味も無ぇ、

それでテメーが上司に何を言われてもど〜でも良い事だし、

ワタシにしたら近所で野良犬が糞しました程度以下の話なんだよ!

 

こっちはチョイ強く言われればひよって波風立てないよ〜折れる事は無ぇし、

喧嘩なら買ってやっからトコトンやろかゴルァ!

なんなら今からテメーの営業所に乗り込むぞ!

世の中にはワタシみたく揉め事大好きで波風立てるのが好きな人間もいるんだボケっ!怒

とね。

 

ホント自分たちの都合をゴリ押しで押し付けてくるのはど〜かと思うよ。

 

そしてゴリ押しが通用しないと悟ったのか今度は周りの方の迷惑を考えないんですか!とかワケのわからん事を・・・

あれ?回線変えてくださいってお願いじゃなかったの?

 

まぁ当然ワタシの性格上周りに迷惑がかかろうと自分の過失ではない自信がある場合は知ったこっちゃないし〜

争いなくして進化無し!のマーティアルの信仰者みたいな人ですよ!www

 

そしてワタシは典型的なB型ですよ・・・

そもそも興味対象以外はゴミ以下!自分の興味の無い人間がたとえ目の前で血を流していても素通り出来るちゅ〜の!!

なので誰が困ろうが何〜〜〜んも感じないし文句があるなら直接そいつが来い!相手してやるよ!怒

とビシっと言ってやった( ̄∀ ̄)

さすがにコレには黙ったな!www

 

ってかさぁ、

そもそも自分が何か利益的な事を通したければその時こそ高圧的に出てはダメ!

交渉の基本も知らんあの馬鹿女、さぞかし悔しがっているでしょ〜

こっちは口喧嘩もドツキ合いも立ちの悪いトコでさんざん経験してるし、

あんな馬鹿女に言い負けるかっての!ww

 

こんなのが客と交渉する立場にいるんだから終わってるよなぁ〜

 

にしても不快なヤツだったわ・・・

 

 

By,Otoya


次のM3でのウチのCDの詳細を・・・

次のM3ではウチとしての新作は無しです。

変りと言って何ですがJunichiさんのソロCDの販売をさせて頂きます。

コチラ↓↓

インスト曲3曲入りで500円となります。

 

後はこのCDも含むウチで販売するCDを購入してくれた方に特典で付けるCDを用意しました。

最初に新作無しと書きましたが集録曲は全部新曲です!ww

(こんな事やってっからあそこ頭おかしいとか言われるんだよなぁ・・・)

 

まぁジャケやケースは付かないので不織布で包むだけですが・・・

ちゃんといつもど〜りプレスします。

 

チョイM3当日からは遅れますが通販のほ〜でもウチのCDには全部付ける予定です。

 

今回のこのCDは色々な方が参加してくれたので感謝です!!

ってなワケで曲順と歌詞と参加していただいた方のリストを。

 

ちなみに7曲目のBonus trackの『Left behind』はJunichiさんのソロCD3曲目のVo入りVerとなります。

 

まぁ盤面のQRコードでコレ書いてある専用ページに飛べるんだけどね・・・w

 

とりあえず視聴は↓↓から!


 01 『SO FINE』
Vocal By.TaiTo
Word By.TaiTo
Song By.Otoya
Guitar By.Otoya
Bass By.Otoya
Guest Guitarist By.Junichi Nakamura
Drums By.倉本ダイスケ

02 『ゆらゆら』
Vocal By.さくらやえ
Word By.matutika
Song By.Otoya
Guitar By.Otoya
Bass By.Otoya
Drums By.倉本ダイスケ

03 『Everything's gonna be all right』
Vocal By.manami
Word By.matutika
Song By.SAT
Programming By.SAT

04 『キミの隣で』
Vocal By.KANA-E
Word By.matutika
Song By.SAT
Guitar By.Otoya
Bass By.SAT
Drums By. 倉本ダイスケ

05 『Welcome to the weekend』
Vocal By.こずみっく
Word By.matutika
Song By.倉本ダイスケ
Guitar By倉本ダイスケ
Guitar By.Otoya
Guest Guitarist By.アメーバ伊澤(HELL DUMP)
Guest Bassist By.SHU(HeavensDust)
Drums By.倉本ダイスケ

06 『alone』
Vocal By.matutika
Word By.matutika
Song By.Otoya
Guitar By.Otoya
Guest Guitarist By.Junichi Nakamura
Guest Guitarist By.kazu
Bass By.yu
Drums By.倉本ダイスケ

07 『Left behind』"Bonus track"
Vocal By.matutika
Word By.matutika
Song By.Junichi Nakamura
Drums By. 倉本ダイスケ

 

次はマツコの2ndアルバムかVoさんと演奏者さんを集めたウチ主催オムニバスの予定ですが、

そろそろブースに送るのがダルくなって来たんで次はメジャー流通かなぁ〜

やっぱ"お求めは全国の有名CDショップで”の一言で済むのはラクなんだよなぁ〜

 

おっさんは少しでもラクがしたいので〜す!!

 

 

By,Otoya


ジャケ作り。

毎度おなじみCDのジャケを作っていくと。

 

まだデータ入稿まではぜ〜んぜん時間はあるんだけど、

ギリギリだと確認の時間が減るので出来ることは巻いていくスタイルで!

 

何せ万が一にもミスがあったら任せて頂いてるアーティストさんに恥をかかせる事になるので、

とにかく確認に時間をかけられるよ〜にすると。

まぁ元々ワタシ完璧主義でミスが大嫌いだし〜

 

 

肝心の作業はまずちゃんとCMYKになってるか?解像度はOKか?ちゃんと画像が埋め込みになってるか?

OKならテンプレに当てて裁断で落ちるところチェックと。

(テンプレに当てるので四角いラインがあると)

とりあえずここまで来たら業者に発注する紙の質を選ぶと。

コート110Kgとか135Kgとってヤツですな。

 

紙が決まった後は光沢かマットかを決めて発注すると。

 

今回はJunichiさんの希望で光沢をチョイス。

 

 

後はこれまたウチではおなじみの・・・関係者配布用も作ると。

 

何が変ると言うワケでなく、

画像が白黒になりサンプルの刻印がジャケと盤面に入ると。

 

まぁコレはケジメみたいなもんで、

お金を払って買って頂いた方と、

知り合いとかであげる物がまったく同じと言うのはど〜かと思うからであると。

 

もともとレコード会社とかでもプロモーション用とかのサンプル版はこ〜なってるしね。

ってか仕事柄コレが貼ってあるCD家にいっぱいあるし・・・ww

 

ジャケのデータが終わったら次はCDの盤面データを作ると。

プレスに出す時には盤面データとDDPファイルを業者に出すのであ〜る。

 

次はドメインを押さえたのでHPの準備とウチの特典CDの特設ページの作成と。

いや〜ほぼほぼ全部一人でやってるので中々にツラい!ww

そしてこの忙しいタイミングで急ぎの楽曲製作の依頼を受けると!!ww

 

 

By,Otoya



calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

奏-Label Twitter

奏-Label チャンネル

>

奏-Works チャンネル

ニコニコ動画

Sound Cloud

selected entries

categories

archives

links


↓↓CD通販↓↓

↓↓パーツ、エフェクター通販↓↓

mobile

qrcode

others

PR